ブログ

7月開講|SDGsから発想する新規事業開発オンライン講座 一日コース

7月開講の「SDGsから発想する新規事業開発オンライン講座 一日コース」のご案内です。
当講座は、社会課題の解決を起点とした新規事業の創出を目的とするものです。

新規事業を考えるアプローチには様々なケースがありますが、まず自社に何ができるかを考えるでしょう。これがプロダクトアウトです。そして市場にどのようなニーズあるのか。そのニーズを満たす事業を考えると思います。これがマーケットインです。この交わるところであるプロダクトアウト&マーケットインの領域で、成長性や収益性のポートフォリオを描きながら新規事業の可能性を検討する、というのが一般的な新規事業の検討プロセスだと思います。しかし現在の国内市場においては切実なニーズは少なく、そう簡単に新規事業アイデアが出てくるものではありません。

新規事業を考える際に「顧客ニーズ」に縛られると、まず顧客は誰かという根源的な課題から入らなくてはなりません。今回の「SDGsに貢献する新規事業を考える講座」では、顧客ニーズを社会課題に置き換えるだけです。社会課題のヒントも、SDGsの17の目標が与えてくれます。どの社会課題を取り上げても、自社のコアコンピタンスを応用できる可能性は考えられます。

そこにスイスのエリック・ストルターマン教授が提唱したDXの概念である「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことを取り入れれば大きなビジネスモデル変革を興し、新たな市場を創出することが可能になります。

SDGs×DXから学ぶアウトサイドイン発想の新規事業

教育総研のすべての講座は受講者の皆さまと一緒に伴走する講座です。「伴走」ですから、受講者と二人三脚で課題を解決していきます。講座当日は講師とオンライン(zoom)やチャットなどを通じて新規事業について考えて参ります。

【講座名】
SDGsから発想する新規事業開発オンライン講座 一日コース

【プログラム】
10:00~11:00 SDGsを活かした新規事業開発 (ワークショップのためのレクチャー)
11:00~12:00 自社のオペレーショナル・エクセレンス作成(ワークショップ)

※オペレーショナル・エクセレンスとは、企業が長年にわたり試行錯誤を繰り返し、汗と涙で積み上げてきた他社の追随を許さない品質・コスト・スピード(QCD)を実現していること。オペレーションの追求は現場の末端まで浸透しており、組織として継続的に進化し続けている。
12:00~13:00 ランチブレイク
13:00~15:00 SDGs発想の新規事業のビジネスモデル・キャンバス作成(ワークショップ)
※ビジネスモデル・キャンバスとは、事業の成功要因を一枚のシートに視覚的に表したもので、事業の全体像が俯瞰できる。社内での合意形成やプロジェクトメンバーのベクトル合わせなどに効果的に活用できる。
15:00~16:00 (プレゼンテーションとアドバイス)
※ビジネスモデル・キャンバスをプレゼンしていただき、講師及び参加者よりポジティブなアドバイスをいたします。

【講師】
株式会社教育総研 代表取締役 岡本充智

【日時】
7月20日 (火) 10:00~16:00 オンライン(Zoom)
※zoomは教育総研で設定して、事前に受講者の皆さまにお送りいたします。

【受講料】
お一人様 33,000円(税込)
1)お振込み期限:2021年7月13日 (火) 18:00
2)恐れ入りますが振込手数料はご負担願います。
3)受講料のお振込みにてお申込み完了とさせていただきます。

【お問合せ&お申込み】お問合せフォーム、又は大坂(osaka@powerweb.co.jp)までお気軽にどうぞ

PAGE TOP